〈年中無休〉 10:30~19:30

MENU

白髪はストレスと
生活習慣が原因かも。
白髪を減らす方法や手軽に
ウィッグで見た目UP

白髪ってどうしてできるの?
白髪のメカニズムについて

30代ごろから気になり始める白髪。40代50代になるとさらに増えてくるので、白髪染めの頻度も短い期間になってきますよね。

では、いった白髪とはどうしてできるのでしょうか。そのメカニズムについて見ていきましょう。

髪はもともとはすべて白髪!?

白髪は黒髪の色素がなくなったものだと思っていらっしゃるでしょう。実は私達の髪はもともとはすべて白髪なのです。毛母細胞が髪の毛を作り出します。そこにメラノサイト(色素細胞)が加わりメラニン色素によって白髪が黒色に染められているのです。 黒髪とは髪の毛が作り出されている中でメラニン色素と合わさり黒い色に染められ生えています。 ではなぜ白髪になるのか。それはメラノサイトがメラニン色素を作り出せないか、毛母細胞がメラニン色素を受け入れられないためだとされています。 白髪とは黒髪の色素が抜けてて白くなることはありません。髪の毛が作り出される時に色素が加わるので、一度黒髪として伸びた髪の色素が抜ける事はないと言われています。 しかし、黒髪が途中から何らかの影響で突然色素の合成がされなくなると、途中から白髪になることはあるようです。

毛髪のサイクルは毛母細胞とメラノサイトが正常な働きをする「成長期」が2~7年あり、その後「退行期」が2~3週間、髪の毛が抜け落ちる「休止期」が3~4ヶ月あります。毛髪はこのサイクルを繰り返し、新たな細胞を生み出し髪の毛が作られていくのです。

白髪の原因 1 ストレス

30代40代50代ともにストレスは髪の毛に影響を与えます。 ストレスは私達の体、健康に様々な不調を与えます。ストレスを受けると常に緊張している状態になるため、血行が悪くなり、自律神経も乱れやすくなります。 過度なストレスを受けると数カ月後に白髪が増えやすいのは、乱れた自律神経が毛髪をつくるメカニズムにダメージを与えたせいかもしれません。 メラノサイトはストレスに弱いため、ストレスのために白髪はまとまった位置で生えることが多いようです。 白髪の予防のためにも普段からストレスを減らす努力が必要のようです。 普段の生活において、睡眠不足により免疫力の低下、食生活の乱れ、喫煙、などもストレスの原因になります。 急に白髪が増えた時はストレスの影響が大きいのかもしれません。

白髪の原因 2 生活習慣

女性は女性ホルモンの影響により、髪の抜け毛や髪質変化、白髪になりやすいとも言われています。白髪は遺伝的な原因、生活習慣、年齢にも関係します。 その中でも生活習慣で影響する事をあげていきましょう。

1. 睡眠時間
睡眠中に脳からだされるメラトニンは活性酸素を除去するそうです。お肌のゴールデンタイムとも言われる、午後10時~午前2時の間。この時間は細胞の活性化に大きな影響を与えると言われています。毛髪の成長のためにも、このゴールデンタイムに合わせて十分な睡眠を取ることが大切です。

2. タバコの吸いすぎ
タバコの吸い過ぎやストレスは活性酸素や血行不良の原因となり健康を害する原因ともなり毛髪にも影響を与えます。活性酸素は老化を進めていきます。受動喫煙も影響がありますので、気をつけなければなりません。

3. 紫外線
活性酸素は紫外線を浴びることでも増えます。紫外線を避けるためにも日傘や帽子でUVケアをしましょう。

4. ストレス
活性酸素の増加の原因にもストレスが挙げられます。日頃からストレスを減らすよう気分転換しましょう このように生活習慣が白髪の原因ともなるため、普段から適度な運動、睡眠、ストレスの解消に気をつけましょう。

白髪の対策

1. 白髪は抜いてはダメ。
白髪が目立ち始めると気になり、数本だからと抜いてしまいがちです。特に生え際や分け目などはっきり目立つため、抜きたくなりますよね。でも、白髪を抜くのはダメなんです。 髪の毛を抜くと毛穴が傷つき、健康な髪が生えにくくなります。 白髪が数本の場合は抜くのではなく、根元からカットしてしまいましょう。生えてきたらまた目立ちますので、定期的に気になるようでしたら根元からカットしましょう。

2. 白髪染め
白髪が多い場合は根元カットではおいつかないため、白髪染めやヘアマニュキュア、ヘナなどの染髪料で染めましょう。頭皮が弱い方は必ずパッチテストを行ってから染めましょう。 美容師さんの意見ですと見た目を維持するには3~4週間で染め直すと目立ちにくいそうです。しかし白髪染めの頻度が多いと、髪へのダメージもきになりますよね。

3. 頭皮マッサージ
白髪が多くなると頭皮がカチカチになっている場合が多いものです、日頃から頭皮マッサージを行い血行をよくするようにしましょう。そうすると、血行がよくなり細胞へ栄養がいきわたり細胞の活性化にもなります。 マッサージは力をいれすぎると頭皮を傷つけてしまうため、指の腹でやさしくマッサージするようにしましょう。美容院でのヘッドスパは毛穴の詰まりを解消し、血行がよくなるのでオススメです。自分でマッサージするよりやってもらうと、ストレス解消にもなるので美容院でもお試し下さい。

部分ウィッグを上手に使う

白髪が目立つのは分け目や頭頂部です。白髪をカットするのも、白髪染めをするのも手間暇かかるものです。しかし白髪は常に生え続けるため白髪染めをしても暫く経つとすぐ目立ってきます。 白髪染めをする時間も手間もかかり見えるだけでストレス、そんな悩みを部分ウィッグで解決できます。 部分ウィッグとはフルウィッグと違い毛の量も少なく調整しているので、つけても不自然な感じもなく気になる頭頂部や分け目の白髪を上手く隠すことができます。 次の白髪染めの期間を伸ばすこともでき、白髪が気になるストレス解消にもなります。 ファッション小物の一部として部分ウィッグを活用してみてもいいですね。

私たちのお店では

白髪対策に最適な小さなサイズのウィッグや、地肌に優しいシャンプーを取り揃えています。お気軽に各店までお問い合わせください。

コラム一覧へ

エデューのウィッグ(部分ウィッグ・ヘアピース)で素敵な時間を。

東京・大阪・札幌

電話予約・
無料相談

フリーダイヤル 0120-489-390

〈年中無休〉
10:30〜19:30