〈年中無休〉 10:30~19:30

MENU

白髪染の頻度とダメージケア。
目立たなくするケアアイテムにウィッグを

白髪染めの頻度

白髪が目立ってくると、そろそろ白髪染めに美容院へ行かないとって思いますよね。

でも、あまりにも頻繁に行くと費用や手間もかかるし、何より頭皮や髪へのダメージが気になりますよね。

白髪をほっておくと…
分け目や頭頂部が白髪で目立って気になる…そんな悩みを抱える方って多いと思います。 みなさんどれくらいの頻度で白髪染めをされるのか気になりますよね。

そこで、美容師さんに聞いてみました。 白髪染めの頻度って?

白髪染めの頻度は人によって違いますということでした。というのも、白髪の目立ち具合は人によってまちまちだからです。それは髪の毛の伸びる長さにもよりますし、何よりも白髪を気にされる個人個人の気持ちにもよります。また、頭皮や髪へのダメージにより頻度を短くできない方もいらっしゃるということでした。そのため、白髪染めの頻度はその方にあった頭皮や髪の状態を見て提案しているようです。 では、どれくらいの頻度が多いのか。 早い方だと2周間に1回で白髪染めに来られる方もいれば、2か月に1回くらいの頻度でこらえる方も多いようです。白髪の生える場所や量にも関係しているのかもしれませんね。

白髪染めの頻度が多い=髪のダメージがある

白髪染めの頻度が低い=白髪が目立ってしまう

このような悩みが出てきてしまいますよね。では自分の頭皮や髪にあった頻度で白髪染めをしつつ、頭皮ケアや白髪を目立たなくする方法を見ていきましょう。

白髪染めによるダメージをケアする

1. 頭皮や髪をケアするシャンプーやトリートメントを使う
頭皮や髪のダメージをケアするために、普段使うシャンプーやトリートメンを選ぶ事も大切です。 ダメージヘアの方には「アミノ酸系シャンプー」をオススメします。 アミノ酸系は頭皮への刺激が少なく、洗浄力がマイルドのため髪を優しく洗うことができます。 また、トリートメントは髪の内部に浸透し潤いを補給するため、白髪染めによる髪のダメージを補う事ができるので普段から使用することをオススメします。

2. 白髪染めトリートメント(ヘアカラートリートメント)
白髪染めトリートメントとは白髪を染める成分とトリートメントの成分両方いいとこどりのものです。 通常のシャンプーの後に塗布し、一定時間おいた後に洗い流します。 この白髪染めトリートメントは髪の内部を染めるわけではなく、髪の表面に色をつけるものなので、美容院で染める白髪染めカラーほどしっかり染まるわけではありません。

ただ、美容院の白髪染めに比べて髪には優しい成分なのでダメージはやや低いでしょう。使用頻度は1週間に2回ほどの使用になります。美容院への白髪染め頻度が高い方でダメージを気にされる方にはオススメです。

3. 白髪染めはやっぱり美容室で。
ホームカラーの製品は進化してきましたが、やはり一番のオススメは美容室での白髪染めです。 頭皮や髪のダメージや状態は客観的にしかわからない部分もあるので、決まった美容室でのカラーをお勧めします。

白髪を目立たなくする方法

1. 白髪が目立たない色に髪全体を染める
白髪に近い色に全体を染める事で白髪を目立たなくする方法です。アッシュ系のグレーやシルバーなど白っぽいいろだと白髪部分も目立たなくなります。

2. 白髪染めファンデーションタイプを使う
頭部全体が気になる方はファンデーションタイプがオススメです。頭部全体に黒や茶系パウダーをふりかけ、専用スプレーでキープする。髪の表面に色を付けコーティングするので髪のダメージはありません。 普段のシャンプーで洗い流すことができるので、手軽にチャレンジできます。しかし、その都度塗る必要があるため手間暇はかかるでしょう。 お出かけの時や結婚式、同窓会など気になる集まりの時などに利用すると便利です。

3. 白髪染めマスカラタイプを使う
白髪が部分的に気になる方にはマスカラタイプの部分使いが便利です。生え際や分け目だけなどの場合は、スティックの形をしたマスカラタイプだと使いやすく、シャンプーで落ちます

白髪が目立つ部分に
ウィッグを使う

つむじや分け目が気になる方は、全体を覆うフルウィッグよりも毛量が少ない部分用ウィッグだと自然な雰囲気で白髪を目立たなくすることができます。 部分用ウィッグにもいろいろな種類があり、化繊で出来ているウィッグもあれば化繊と人毛がミックスされている部分用ウィッグもあります。 既成品用ですと化繊100%が多くどうしても、テカったりして不自然に見えてしまいます。 しかし、化繊と人毛のミックスされたウィッグだとテカらず、自毛と一体になるような自然な雰囲気をつくることが出来ます。お値段も数万円ほどからあり、バリエーションやカラーも豊富にあります。

部分ウィッグを気軽に使って

使用方法も気になる部分にクリップで留めるだけという簡単な使い方で、後はブラシで自毛になじませるだけ。1ヶ月ほどして白髪が目立ってきたけど、頻繁に白髪染めに行くのもダメージが気になる。そういう時は部分用ウィッグを使えば白髪染め頻度も抑えられ、白髪が気になるストレスもなくなります。

私たちのお店ではお客様のお悩みや理想の髪型にあったウィッグをご提案させていただいております。当店では製品をそのまま販売するだけでなくお客様の頭の形・毛髪に合わせて、スタイリストがお客様の頭部にウィッグをつけたまま似合わせカットさせていただきます。お気軽にご相談下さい。

私たちのお店では

白髪対策に最適な小さなサイズのウィッグや、地肌に優しいシャンプーを取り揃えています。お気軽に各店までお問い合わせください。

コラム一覧へ

エデューのウィッグ(部分ウィッグ・ヘアピース)で素敵な時間を。

東京・大阪・札幌

電話予約・
無料相談

フリーダイヤル 0120-489-390

〈年中無休〉
10:30〜19:30