〈年中無休〉 10:30~19:30

MENU

ボタニカルシャンプーと
オーガニックシャンプーの違い

「ボタニカル」や「オーガニック」
シャンプーって何がいいの?

シャンプーの話をしていると、よく出てくる「ボタニカル」や「オーガニック」って言葉が出てきますが。よく意味がわからない、いまさら聞けないしていう事ありませんか。

でも頭に良さそうなイメージがあるけど、使ってみたいけど一体何に効果があるんだろう。

今回はそんな「ボタニカル」や「オーガニック」シャンプーがどのようなものか調べてみました。

ボタニカルシャンプー

ボタニカルとは「植物の」、「植物由来」という意味になります。 いろんな商品に植物エキスや食物成分といった記載が見られます。それとほぼ同じ意味になります。シャンプー以外にもファッションやインテリアなどにも使われますね。 ボタニカルとは植物を使っているものと覚えましょう。 全般的に植物由来の成分を使用したシャンプーを「ボタニカルシャンプー」と呼びます。しかし、ボタニカルという名前がついているからといって植物由来の成分だけではありません。植物由来の成分が混ざっているものをボタニカルシャンプーと呼ぶものが多いようです。 植物由来と聞くと髪や頭皮に優しそうというイメージを持つため、ボタニカルシャンプーが近年増えているように感じます。

メリット

・アミノ酸系や石鹸系などの低刺激な成分を使用しているものが多いため、頭皮と髪に優しい。
・洗浄力が弱いため皮脂を奪いすぎず乾燥を予防する。

デメリット

・洗浄力が弱いためスッキリとした洗い上がりが感じられない。
・泡立ちがよくない。
・価格が高め。

といったメリット・デメリットを踏まえご自身の頭皮タイプに合ったものを選ぶようにしましょう。 頭皮が弱く乾燥気味な方にはオススメなシャンプーではないでしょうか?逆にオイリータイプの頭皮の方には洗浄力が弱すぎる時もあるかもしれないので、ご自身に合った成分をみて購入しましょう。

頭皮タイプがわからない方は美容院のスタイリストさんに尋ねられると教えていただけます。

ボタニカル・オーガニック
シャンプーの選び方

違いはわかったけど、商品が多く有りすぎてどれがいいのか判断しづらいですよね。 そこで抑えておきたいポイントをご紹介します。

1.自分の悩みにあった植物成分が
入っているか

①乾燥している

頭皮からフケのような白い粉がでたり、かゆみがあったりする場合は頭皮が乾燥しているから。そういう時は保湿成分配合のものがオススメです。よく聞くヒアルロン酸や海藻エキスといったものは保湿成分が含まれています。

②抜け毛

抜け毛が気になる方は血行促進効果がある成分がオススメです。

③ダメージが気になる

髪の補修効果のあるアルガンオイルなどの天然成分がオススメです。キューティクルの保護や髪をしっとりさせてくれます。

地肌タイプに合ったオススメのシャンプーやクレンジングケアは美容室のスタイリストさんに聞くと、あなたのタイプに合ったものを選んでもらえますよ。

2.洗浄力の強さ

①硫酸系洗浄剤

洗浄力が強いものは頭皮や髪にも刺激が強いものです。成分名には硫酸といった成分名が入るものが多いです。原価が安いため、一番広く使われています。肌の弱い方にはあまりオススメはできません。

②アミノ酸系洗浄剤

アミノ酸系の成分が含まれた洗浄剤。頭皮や髪の汚れをやさしい洗浄力で穏やかに落とします。石鹸と比べると泡立ちや洗浄成分は劣りますが頭皮やダメージヘアにやさしいものです。髪はアミノ酸(タンパク質)で出来ているので髪にも優しい洗浄剤です。

③石鹸系洗浄剤

石鹸はアルカリ性であるため弱酸性である肌とは正反対のため、あまり頭皮や髪にはよくありません。しかし洗浄力はアミノ酸系よりも高めといえます。

3.好きな香り

普段毎日使うシャンプーだからこそ、好きな香りがいいですよね。リラックスして楽しめるような香りを選びましょう。 ボタニカルシャンプーには植物性のアップルやジャスミン、アプリコットやローズ、ライムといった自然な香りが多いようです。

いかがでしたでしょうか。ボタニカルとオーガニックの違いが分かりましたか?普段聞き慣れている言葉でも、シャンプーを選ぶとなるといろいろな違いがありますね。ご自身の頭皮を参考に品質や成分を見比べてシャンプーを選ぶことが大事だと思います。

私たちのお店では

頭皮や地肌に合わせた優しいシャンプーも取り揃えています。お気軽にご来店ください。

コラム一覧へ

エデューのウィッグ(部分ウィッグ・ヘアピース)で素敵な時間を。

東京・大阪・札幌

電話予約・
無料相談

フリーダイヤル 0120-489-390

〈年中無休〉
10:30〜19:30